メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

OPP袋って?

OPP袋と聞いてそれが何か分かる人の方が少ないと思いますが、OPP袋とは、正式名称を2軸延伸ポリプロピレンと呼ぶもので、OPPとは英語のOriented Polypropyleneを略したものとなっています。
OPP袋を分かりやすく言えば。その材料になるポリプロピレンを縦横方向に延伸して、透明なフィルム状にしたビニール封筒のことで、衣類やアクセサリーを入れて販売したり、カタログやパンフレットを入れる透明の袋、または封筒のことです。
OPP袋のフィルム自体は延伸してあるために非常強度があるのが特徴で、引っ張ってもほとんど伸びないけれども、フィルムの接合箇所は裂け易いというのもOPP袋の特徴となっています。


同じ透明の袋でもOPP袋とは異なるCPP袋と呼ばれているものもあって、CPP袋の材質はほとんどOPP袋と一緒ですが、CPP袋は正式名称を無延伸ポリプロピレンと呼び、英語のCast Polypropyleneを略してそう呼ばれています。
CPP袋はOPP袋と比べてフチが裂けにくく粘りがあるのが特徴で、またOPP袋の場合はパリパリとした手触りとなっていますが、CPP袋の手触りはパリパリではなく滑らかとなっています。
またCPP袋はOPP袋よりも若干曇った透明色をしていますが、その違いは専門家が見てようやく分かる程度なので、私たち素人が見ても簡単に区別は付けられない程度です。
OPP袋とCPP袋を区別する時には、引っ張ってみればよく、引っ張って伸びるのがCPP袋、伸びないのがOPP袋となります。


OPP袋は最近では幅広い業界で使用されるようになっていて、昔は包装紙も封筒もほとんどが紙で作られていましたが、紙で作られた袋では中身が見えにくく、さらに触ればそれ自体が傷んでしまうため、使い勝手が悪かったのですが、OPP袋であれば何度触ってもそれほど劣化することもなく、最初の状態を長く維持することができるため、とても便利に利用できるということで、紙に代わりビニール製のOPP袋の需要はどんどん多くなってきました。
OPP袋は中身を見せながら商品を販売することができるところも幅広く利用されている理由となっていて、さらに紙に比べてコスト面でも安く手に入れることができるので、今後もOPP袋を利用する企業は増えていくことが予想できます。


掲載記事の参照元:OPP袋・OPP封筒を激安販売 株式会社ジブリック


OPP封筒の使い途

今では幅広い業界で便利に利用されているOPP封筒ですが、OPP封筒はダイレクトメールを送る際や、カタログやパンフレットを入れて街頭で配布する際や、またはいろいろな商品を入れて展示、販売するための袋として主に利用されています。
OPP封筒は透明の袋であるため、中身が透けて見えるというところが一番のメリットで、例えばカタログやパンフレットやダイレクトメールを入れる封筒であれば紙封筒でも構いませんが、紙封筒に入れてしまうと一見してお客様に中に入っているものを知らせることができないため、中身を見ないままゴミとして捨てられてしまう可能性がかなり高くなってしまいます。続きを読む…


A4OPP封筒の特徴

学校でも仕事でも最も多く利用されている用紙のサイズはA4で、A4用紙が入るOPP袋やOPP封筒も文房具店やホームセンターや100円ショップなどに行けば様々な種類のものを手に入れられるようになっています。
A4封筒と言えば誰もが紙封筒を想像することだと思いますが、最近では紙封筒ではなく、透明のOPP封筒を利用する人もかなり多く見られるようになってきています。続きを読む…


テープ付OPP袋とは

OPP袋と一口で言っても、それにはいろいろな大きさや厚みのものがあり、市販されているだけでもかなりの種類が用意されています。
OPP袋は自分の好きなサイズや厚みで特注することもできるようになっているので、OPP袋の種類は無限であるといっても言い過ぎではないでしょう。
またOPP袋には平袋の他にはテープ付のものがあり、テープ付のものを最初から利用することにより、わざわざ糊やテープで封を閉めなくて、ワンタッチで封を閉められるようになり、作業効率を大幅にアップさせることができるようになります。続きを読む…


DM用にはOPP封筒がおすすめ

最近ではDM用の封筒として透明のOPP封筒が選ばれる機会が多くなっています。
DM用のOPP封筒は市販されていますが、企業などで大量に使用する場合は、卸売業者からまとめて注文することでかなり単価を抑えることができるようになります。
DM用OPP封筒のサイズは、A4やB5や長3サイズが一般的となっていて、もちろんもっと大きなサイズを選んでもいいのですが、あまり大きなサイズのものを選んでしまうと、ポストに入らなくなるのでその点には注意するようにしましょう。続きを読む…


料金別納でOPP封筒を

大量の郵便を送る企業であれば利用していることだとは思いますが、料金別納とは、一定以上の郵便物や荷物を出す際に、個々の郵便物や荷物に切手を貼る代わりに所定の表示をすることにより、それらの郵便料金相当額の現金や切手を添えて郵便集配所に渡すことができるという便利な扱いのことを言います。
料金別納を希望する場合は、全ての郵便や荷物が同一の料金ではなければいけませんが、最近では中身が見える透明の袋であるOPP封筒をダイレクトメールやカタログやパンフレットを送る時に利用する企業が多くなっていて、一度に何百、何千通の郵便を送るケースも多いため、料金別納を利用することにより、いちいち切手を1つずつの郵便に貼る作業を省くことができるので、作業効率を上げることができるようになります。続きを読む…


料金後納でもOPP封筒を

最近ではダイレクトメールをOPP封筒で送る企業が増えてきていますが、ダイレクトメールは大抵一度にかなりの量を郵送するため、料金後納という郵便局で行っているサービスを利用すると便利です。
料金後納とは、1ヶ月の間に送った郵便物や荷物の料金を翌月に支払うことができるというサービスのことで、ダイレクトメールなどを大量に送る場合はその度にまとまった料金を支払わなければいけませんが、料金後納の手続きをしておけば、いちいち料金を支払う手間を省くことができるようになります。続きを読む…